大衆酒場ベスト1000

2014年08月18日

第109回「山本商店(代官山)/ギネス サージャー」

“代官山”は安酒飲みの敵か?

インターネットという広大なネットワークの中から、こんな場末のページに辿り着いてしまった方、つまり今この文章をお読み頂いているあなたというわけですが、そういう方ならすべからく、“代官山”のことは憎んでいますよね?

代官山、業界人がカフェでランチをし、芸能人がTSUTAYAでDVDを買い、ファッションモデルが悠々と横断歩道を横断する街ーー。

ここまで読んで「気取ってんじゃね〜っ!!!」と、昨晩空けたワンカップの瓶をモニターに投げつけようとしているそこのあなた、ちょっと待って下さい。

確かに代官山は日本一と言っても過言ではないお洒落タウンです。
我々場末人間の落ち着く大衆酒場的世界観とは掛け離れた存在です。
しかし、そのイメージだけで代官山を安酒飲みの敵と断定してしまっていいのでしょうか?

答えは“否”。

街というものには様々な顔がありますよね。
どんなお高くとまった駅だって、しょぼくれた地元駅にだって、心落ち着く大衆酒場の一軒くらいはあるものです。
というわけで今回は「代官山で安く飲むならここ!」という、僕の大好きなお店をご紹介したいと思います。

とはいえやっぱり代官山、お洒落はお洒落なんですけどね〜。




0818_01.jpg
やって来たのは駒沢通り



何気なく撮った写真にアンティーク雑貨店が写り込む、ハイセンスとしか言い様のない通りです。

代官山駅から徒歩2、3分のこの駒沢通り沿いに、今回ご紹介する「山本商店」さんがあります。
小綺麗に立ち並ぶビルの1つに地下へと降りる階段があり、「wine shop & bar yamamoto」と看板が出ていますのでそこを降りてみましょう。

※ちなみに恵比寿から歩いてもそう遠くないので、ご都合にあわせてどうぞ




0818_02.jpg
こう



いきなり居心地の良さそうな、ワインケースを利用した?カウンタースペースが広がっています。




0818_03.jpg
なかなかの広さ



そう、ここ山本商店は、酒屋さんの店頭で買ったものを飲み食いできる、いわゆる角打ちスタイルのお店なんですね。
代官山で、居酒屋や立ち飲みを飛び越えていきなり角打ちっすよ!
このギャップ、最高でしょう。

とはいえ看板にある通り、雰囲気は街の酒屋の角打ちではなく、“ワインショップ&バー”。
お目当ての女性を連れていったって「あら素敵、たまにはこういうのもありね、好きよ」なんて喜んでくれるに違いありません。

立ち飲みスペースは屋外なんですが、上には屋根があって日陰になっており、扇風機で空気も回っているので、夏でも全然絶えられる心地良さ。
荷物を置いて場所を確保し、周囲をぐるりと見回すと…




0818_04.jpg
わ!8/31まで生が250円だ!いそげ〜!



0818_05.jpg
間に合った!



注文はその都度店内のレジで行うキャッシュオン方式。
店員さんにお願いして出してもらうものもあるし、店内に陳列されてるのを普通に購入することも可能。
詳しくはメニュー表などを見てみて下さい。

では乾杯。
数分でも外を歩くと汗が噴き出すこの季節、扇風機の風に当たりながら飲み干すキレの良いスーパードライの爽快さは何物にも変えがたいです!

それにしてもこの土地でこの生が250円、安いよなぁ…。

ただし!これだけで驚いてはいられないのが山本商店のすごいところ。
以下にメニューの一部を抜粋するので、さらに心行くまで驚いて下さい!

ウーロンハイ(140円)
ホットウーロンハイ(140円)
コークサワー(168円)
レモンサワー(153円)
ホッピーセット 白/黒(203円)
角ハイボール(224円)
ジンロ 50ml(70円)

どうだ!
もうとんでもないでしょう?
ホッピーセットがこんなに安い店、むしろ代官山以外でもなかなか思いつかないっす…。

さらに店内の商品は全て酒屋さん価格で、それらもここで飲み食いできるわけですから、メニュー選びは無限大。
いや〜、代官山にもあったんだなぁ、天国。

※ただし一応ルールがありまして、缶ビール(ただし輸入物は除く)と缶チューハイだけはここでは飲んじゃだめなのでご注意下さい。


さてさて、生ビールを一杯飲んで落ち着いた所で、あらためて店内を見に行ってみましょう。




0818_06.jpg
レジ横は魅惑のおつまみコーナー



0818_07.jpg
ワインに合いそうな加工肉類が充実



そんじょそこらの角打ちではお目にかかれないラインナップ。
全部味見したい。




0818_08.jpg
ワイン、焼酎、日本酒、なんでも豊富



これらは全て席で飲めます。
どんな居酒屋よりも安いのは、酒屋なので当然ですね。




0818_09.jpg
輸入ビールも充実



さっき缶ビールを禁止と言われてガッカリされた方、輸入物がこれだけあるのでご安心下さい。
むしろせっかくの機会、珍しいビールを飲んでみては!?




0818_10.jpg
ハチミツ1個、25円



これは…、チーズにでもぶっかけるんでしょうか?
セレブの考えることはたまにわかりませんが、きっと便利な使い方があるんでしょう。




0818_11.jpg
やわらかチーズ生包み



0818_12.jpg
ユッケ風生ハム



0818_13.jpg
おつまみ牛タン七味仕立て



これらは今までに買って食べてみたものたちの一部です。
神戸の伍魚福(ごぎょふく)という会社の製品が多いですね。
取り扱いが多いのか、伍魚福さんが酒飲みのツボを心得すぎているのか。
どれも数百円で、チビチビとつまみながら飲むにはぴったり、最高の品々でした。


それからですね、ここに来たら是非飲んでおきたい一杯があるんです。
それがこちら!




0818_14.jpg
ギネス サージャー(325円)



サージャーとは何かといいますと、ビールの入ったグラスを乗せてそこに超音波を送る、板状の専用電気機器だそうです。
で、これで処理したギネスビールが「ギネス サージャー」。
ギネスビールといえばクリーミーな泡が身上で、大きな飲食店なら専用のサーバーを導入して、そこから注ぐことによりこの泡を生み出すわけですが、ここは酒屋さんなのでそこまでしてらんない。
そこで導入されているのがこのサージャーというわけです。
もう一度上の写真を見てみて下さい!超音波を当てることによって発生した、専用のサーバーを通過したかのようなクリーミーな泡が、パッと見ただけで確認できると思います!

このこだわりの一杯が325円で飲めてしまうというすごさ。
ありがたいですよね〜。

しかし暑いのでビールがどんどん進んでしまいますね。
というわけで次は、




0818_15.jpg
お茶ハイ(140円)



グラスに焼酎と氷、別添えでよ〜く冷えた伊藤園の「お〜いお茶」が付きます。
まずこの缶のお茶が100円くらいするでしょ?どう考えても安すぎるよ!
しかも自分で割るんだからきっちりと素性が知れているわけで、そこらの激安居酒屋よりもずっといいとさえ思ってしまいますよね。


さて、今回もお伝えしたい情報が多くて止まらない感じになってきてしまいましたが、ここ山本商店では、お店で簡易調理してくれるおつまみも食べられます。
それが以下の4種類!

えだまめ200g(150円)
からあげ(4個)(280円)
ピザ マルゲリータ(390円)
バターコーン(133円)

他にも店内にある冷凍食品などの温めをお願いしたらやってくれた気がしますが、とにかく上の4つはメニューに載ってるので確実です。

ちなみに今日お邪魔しているメンバーが、チミドロのナオさん、友人の女性キラさん、妻と僕夫婦、合計4人。
ひとりで来た時などは気軽には頼めないピザも、心置きなくいけます!

というわけで、




0818_16.jpg
ピザ マルゲリータ(390円)



おぉ〜、熱々!
ベースは冷凍だと思うんですが、上にソースかなんかで一手間加えてくれてますよね。
超〜うまい!角打ちで食べる温かいものの嬉しさ、最高!




0818_17.jpg
バターコーンは店内から缶を探してきて



0818_18.jpg
調理してもらいます



これが133円、原価との差額から浮き彫りになった調理代が31円。
もっと取ってもいいと思うんですけど!




0818_19.jpg
からあげ(4個)(280円)



冷食ですが、これまた熱々なのが嬉しい。

ちなみに店内には近くのカフェバー「VOX」さんのデリバリーメニューが貼ってあって、色々とお洒落なメニューを届けてもらうことも可能なようです。
上のメニューと比べてしまうとちょっとお高くて、ピザが1,200円とかするんですが、そのぶん手作りでさぞかし美味しいんだと思います。
その日の懐具合やテンションで使い分けるのが良いでしょうね。

さぁこんなに豊富なおつまみを目の前にするとまだまだ飲めるぞ、ということになるわけで、自然と流れは




0818_20.jpg
こう



なりますよね?
角打ちでピザにワインですよ。

ただ僕はワインのことはよくわからないので、「手頃なところでお任せします」と、普段もよく飲まれるというキラさんにチョイスをお願いしました。
曰く「品揃えもいいし全体的に値段も手頃ですね!」とのこと。

このボトルも約1,000円くらいだったと記憶してるんですが、大変おいしゅうございました。

ちなみにグラスなどは無料で貸してもらえます。


以上、他とはひと味違った雰囲気でお洒落なお酒タイムが楽しめる角打ち、山本商店。
さすが代官山の面目躍如といった感じの素敵な大衆酒場で、とてもおすすめです。

ちなみに僕が行く時にいつもいらっしゃる女性店員さん、酒は安く出しても愛想だけは安売りしない、といったタイプのプライドを持って働かれている方のようなんですが、仕事はテキパキと迅速、また、ちょっとした日常会話なんかには笑顔で応じてくれますのでご心配なく。

夜は場所柄、外国人のお客さんなんかも多く来て大変盛り上がってるようですので、是非雰囲気を味わいに行ってみては〜!?


0818_21.jpg
クリスマスシーズンはさらにお洒落に






より大きな地図で パリッコの「大衆酒場ベスト1000」 を表示

山本商店 〜 恵比寿でワインを買って角打ちはいかがですか 〜




告知

新しい本を作りました!

kenkyu_book_1_180.jpg
酒の次にカレーが好きなパリッコが、コンビニ、スーパー、百均などで"100円台"までで手に入るレトルトカレー"54種類"を食べ比べ、徹底レビューしました!!!

「安レトルトカレーの研究(1)」
文と絵 / パリッコ

¥500(税込)
A5判・計44ページ
2014年7月6日発行

詳細、購入はこちらのページ




























  




posted by パリッコ at 15:55 | Comment(0) | 第101回〜第125回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。