大衆酒場ベスト1000

2014年09月03日

第110回「でかんしょ(池袋)/かき揚げ」

激安チューハイと豊富なメニューが嬉しい、安定の立ち飲み屋

最近のこの連載、代官山で角打ちに行ったり、大宮に一泊旅行したり、謎の“ビジネスコート”に潜入したりと、若干大ネタが続いておりました。
そこで今回は一旦通常運転に戻り、我がホームタウンともいえる池袋の、普段からだら〜っと通っている立ち飲み屋さんなんぞを紹介し、初心を取り戻そうかなと思います。

前回池袋のお店を取り上げたのは第83回「希望の星」ということで、もう1年以上前になるんですね。
職場があるので飲む頻度は高いんですが、色んな所に出向いてって初めての酒場の雰囲気を味わうのも大好きなもので、そういう驚きや喜びをこの連載にぶつけてしまいがちで。


さて今回は、安くて居心地も良く、敷居も低く、気楽度マックスな立ち飲み屋「でかんしょ」さんをご紹介しようと思います。
普段以上のねぼけヅラでお送りしておりますが、何卒ご理解下さい。

池袋北口、以前ご紹介した「大都会」の左側を抜けて少し歩くと、すぐにこんな看板が見えてきます。




0902_01.jpg
「安い」しか感想が出てこない



すみません、先に断っておくとこの看板、現在は少し内容が変わっています。
先の消費税増税に伴い、ここでかんしょでも、メニューの一部が値上げされてしまったんですよね。




0902_02.jpg
最大の目玉だった150円チューハイが200円に



このご時世でしかたないことだと全然受け入れているんですが、慣れ親しんだ150円時代の看板も載せておきたくて…。

まーそれでも全然安いですよね!
むしろお店側の最大限の努力が感じられる値上げといえます。

開店は15時と早め。
近くには24時間営業の大都会や「まつしま」があるんですから、池袋ってのは危険な街です…。


では入店しましょう。




0902_03.jpg
エントランス



お店の入り口へと続く外の廊下にカウンターとビールケースが並んでいて、一度ここで飲んでみたいな〜と思ってるんですが、相当店内が混雑しててもここまでお客さんが溢れてる光景は見たことありません。
たぶん、店員さんが外まで出てくるのが面倒くさいんでしょう。




0902_04.jpg
ならば安心だ



店内はいわゆるオーソドックスな立ち飲み屋の風景。




0902_05.jpg
早い時間からお客さんが押し寄せるので、人がいない光景はけっこう貴重



奥が厨房で手前にぐるりとカウンター。
それから樽を再利用したテーブルが数席。




0902_06.jpg
厨房の前のブラックボードにはその日のおすすめが



ここはレギュラーメニューもめちゃくちゃ多いんですが、それとは別にこうして季節のものなんかもたくさん取り揃えてくれてるのが嬉しいんですよね。

でまぁ、適当に好みのスペースを陣取ったら、店内をうろついてる店員さんをつかまえて、まずはチューハイをお願いしましょう。




0902_07.jpg
チューハイ(200円)



このチューハイこそここの名物で、以前は150円だったんですよね〜。

ウーロンハイやレモンハイ、青りんごハイは前から200円だけど、チューハイだけは150円だった。
自ずと店内のチューハイ率が異常に高いお店だったわけですが、値上げした今もその名残はあるようで、常連さんらしき方々はなかば反射的にチューハイを頼まれているようです。
それがどこか微笑ましい。

ちなみにウーロンハイなど他の“ハイ類”は、現在も価格キープの200円なので、むしろ選択の幅が広がったとポジティブに捉えることも可能です。
ジョッキは少し小ぶりなんですが、相変わらず嬉しい値段だよなぁ。

ジョッキの背後に写ってる紙は、でかんしょ専用の金券で、「1,000円の券下さい」とお願いしてその場で1,000円払うともらえます。
これがなんと、1,100円分!

もちろん現金のキャッシュオン方式で支払いすることもできるんですが、1,100円分くらい飲み食いする予定の方は(大体それくらいはするでしょ)最初の注文時に一緒に頼むことをおすすめします。
そしたら最初のチューハイが実質100円になるし、余ったら次回使うこともできるしね!




0902_08.jpg
きっちり200円分減った金券



これの残りを数えながら、どう使っていくかの作戦を立てるのが楽しいんすよ。


さて、一息ついて店内を見回すと、とにかくメニューは豊富、そして安いです。

コロッケの100円から始まって、焼鳥、やきとんなどの串も1本100円からマカロニグラタン(150円)ガーリックトースト(150円)イカゲソ揚げ(200円)わかさぎ天(200円)チーズワンタン(200円)豚足(250円)タコチヂミ(300円)ラーメンサラダ(300円)焼きそば(350円)鳥から揚げ(350円)肉豆腐(350円)・・・といった感じ。

とてもここには揚げきれない、そしてあんまり一貫性も感じられないメニューたちなんですが、飽きがこないという意味で大変素晴らしいですよね。

またお酒も豊富で、角/富士山麓ハイボール(350円)マッコリー(300円)デンキブラン(300円)ワイン赤/白(250円)日本酒各種焼酎もかなり種類があります。




0902_09.jpg
やけにプッシュされてる“豚尾”



まだ未食だけど、次は頼んでみようかな。

その横に書いてある「福耳」ってのは、店員さんに聞いた所「大きい甘唐辛子みたいなのです」とのことで、昔撮った写真フォルダにあったこれかな?




0902_10.jpg
福耳?(値段忘れ)



曖昧ですみません…。
うまかった記憶はあります。




0902_11.jpg
みょうが甘酢漬(200円)



こちらは季節の黒板メニューから。
みょうがって、年齢を重ねるごとに“ごちそう感”を増していきますよね。




0902_12.jpg
モヤシ塩コショウ和え(150円)



これは僕の定番。
冷たく冷やしてあって、シャキシャキとして、塩加減もちょうど良く、箸休めにぴったりです。




0902_13.jpg
ニンニク醤油漬け(150円)



パンチのあるメニューだと自家製のこんなものも。
辛味とニンニク臭もきっちり残ってるので、苦手な方はご注意下さいね。

でかんしょはニンニクを使ったメニューが多いのも特徴で、甘酸っぱく味付けられ、なぜか真っ黒になった「プルーンニンニク」とかってのもあって、これが独特としか言えない味なんですよね。
体に良いことは間違いないですが、写真も撮らなかったしそれ以来頼んだこともありませんw




0902_14.jpg
牛筋煮込み(400円)



この店で一番高級なつまみかな?
ハレの日にいかがでしょう?

って、400円なんですけどね。
他があんまり安いと、400円が手の届かない値段に見えてくるから不思議です。

見ての通り、濃厚に味付けられたトロトロの牛スジで、うまいっす。




0902_15.jpg
エビ頭(150円)



これ大っっっ好きなやつ!
海老フライや天ぷらは必ず尻尾まで食べる自分としては、完全にどストライクなメニューです。

頭の上側の固い部分を外して素揚げしてあるのでスナック感覚で食べられ、濃厚なミソ、そしてカラッと香ばしい海老の風味がたまんない!
相当優秀なつまみと言えますよね。

前に行った時は品切中だったので、運が良い時にしか出会えない一品なのかもしれません。


そうそう、ここは揚げ置きをせず注文が入ってから揚げる各種揚げ物類も絶品で、特に僕は天ぷらばっかり頼んじゃうんですよね〜。
なのでここから先、全て天ぷら写真になりますのでご理解下さい。




0902_16.jpg
シソ&空豆天(250円)



空豆を剥いてシソでくるんで揚げちゃうなんて、粋なことするなぁ!
サクサクを通り越したカリカリに揚がっていて、チューハイとの相性抜群!




0902_17.jpg
インゲン天(値段忘れ)



青豆類独特の強い旨味、衣で閉じ込めるとそりゃあ最高。




0902_18.jpg
ニンニク天(200円)



ニンニク×天ぷら、つまりでかんしょの真骨頂!(と勝手に思い込んでるだけ)
これは是非モノですな。

ホクホクと大粒なニンニクが8粒。
鰹節がまぶしてあるのも珍しいです。
これを僕は、あえて醤油ではなく塩で、サクサク感をキープしたまま食べるのが好きですね。
これは是非モノですよ、うん。
さっきも言ったけど。


では最後に、でかんしょ最大のインパクトメニューを。




0902_19.jpg
かき揚げ(200円)



とにかく、でかい!

具材はシンプルに、玉ねぎプラス1、2種類の野菜なんですが、ふんわりカラッと揚げたてで、ものすごく満足感があります。




0902_20.jpg
ジョッキと比較してこのでかさ!



左下は先程のモヤシです。

実はこの3品、消費税増税に伴う“値上げ組”“据え置き組”に分けると、全て“値上げ組”に分類されてしまうメニューで、以前は、チューハイ150円、モヤシ100円、かき揚げ150円で、この写真トータルで、なんと400円だったんですよ!
とんでもないでしょう?

無念なことに50円ずつ上がってしまって、今は計550円ですが、ま〜文句を言う値段ではないですよね。
むしろ、まだまだ安すぎて十分にありがたいです。

このかき揚げ、ある時は




0902_21.jpg
にんじんとサツマイモがふんだんだったり



季節柄か




0902_22.jpg
玉ねぎがぷっくりとみずみずしかったり



そのつど家庭料理的に味わいが変化するのも嬉しいところ。


巣鴨新小岩亀戸錦糸町などにも支店があるようなので、お近くにお寄りの際はいかがでしょうか〜?





より大きな地図で パリッコの「大衆酒場ベスト1000」 を表示

立呑処 でかんしょ 池袋店 - 池袋/立ち飲み居酒屋・バー [食べログ]




告知

ヤングアニマル嵐 No.10(2014年9月5日発売)

「僕らはみんな、生きている」というコーナーにて、パリッコがお酒や居酒屋に関するインタビューをして頂き、その内容を元にしたコラムが掲載されます。
是非チェックしてみて下さい!

ヤングアニマル嵐web | 白泉社



パリッコの個展「酒とたぬき展」と記念イベント「居酒屋パリッコ in 大阪」のお知らせ

★DJ、漫画家、そして酒好きとして活動中のパリッコが、大阪・中津のミニコミ/CDショップ「シカク」さんで個展をさせてもらうことになりました。
★10月13日(月・祝)には、飲み放題インストアパーティ「居酒屋パリッコ in 大阪」を開催予定!


個展「酒とたぬき展」
期間:2014年10月12日(日)〜10月25日(土)
会場:ミニコミ・CD シカク(大阪市北区中津)

※開催時間はシカクさんの営業時間に準じます
※入場無料


記念飲み放題イベント「居酒屋パリッコ in 大阪」
日時:2014年10月13日(月・祝)16時〜19時(予定)
会場:ミニコミ・CD シカク 2Fイベントスペース
会費:1,500円
出演:パリッコ、スズキナオ(チミドロ)、他予定

・ウーロンハイ、酎ハイ飲み放題(予定)

※詳細は随時パリッコのホームページでお知らせします
羅刹レコーズ/パリッコ



新しい本を作りました!

kenkyu_book_1_180.jpg
酒の次にカレーが好きなパリッコが、コンビニ、スーパー、百均などで"100円台"までで手に入るレトルトカレー"54種類"を食べ比べ、徹底レビューしました!!!

「安レトルトカレーの研究(1)」
文と絵 / パリッコ

¥500(税込)
A5判・計44ページ
2014年7月6日発行

詳細、購入はこちらのページ




























  




posted by パリッコ at 11:00 | Comment(0) | 第101回〜第125回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。