大衆酒場ベスト1000

2011年08月16日

第41回「富士屋本店(渋谷)/ハムカツ」

渋谷が誇る立ち飲みの名店

今回は、第32回の「細雪」以来2回目となる渋谷のお店です。
相変わらず渋谷度の低いこの連載ですが、渋谷にもまだまだいい大衆酒場ってあるんですね〜。

ご紹介したいのが「富士屋本店」さん。
渋谷駅からは徒歩1、2分の場所です。

こちらのお店、渋谷が誇る超メジャー立ち飲み屋なんですが、場所が地下にあるため入り口が割と地味で、ちょっと見つけにくいかもしれません。
「あれ?こんな所に?」って感じなんですよね。
でも注意深く街並を見ていれば、明らかに周囲のお店とは異質なオーラを発する看板が見つかると思いますのでご心配なく。




0816_01.jpg
ここが入り口!





ここを入ってそのまま地下へと続く階段を下りて行き、扉を開けるとそこは異世界!
初めての方はかなり圧倒されると思いますよ。

なにしろ、広い!
店内中央の調理場を中心にカウンターがダーっとあって、ちょっとしたホールって感じの広さです。
入り口がこじんまりしていただけにこのギャップがとても楽しく、また「酒飲むぞ〜!」っていうモードにさせてくれるんですよね。

それでは店員さんの誘導で席に着きましょう。
この日、時間は17時くらいだったんですが、節電対策か店内の奥側半分の電気は消えていて、お客さんも入り口の方から順に行儀良く席を取っていますね。

メニューは店内の壁という壁に掲げられています。木製の短冊に書かれた味のある物、紙に手書きの物、それからその日のおすすめの黒板など、掲示パターンも様々で量も膨大!
刺身や焼き魚から揚げ物、一品料理まで、串系以外の居酒屋メニューはほぼ制覇されていると言っても過言ではありません。
見てるだけでも楽しいし、この中から選んで頼めばそれが実際に食べられるっていうんだからもう、これ以上愉快な事なんてないですよね!

と、まずは飲み物を頼みましょうか。
ここはやっぱり…




0816_02.jpg
ホッピーセット!





ですよね〜。

ホッピーセットの供し方はお店の個性が表れる部分でもありますが、富士屋さんはかなりハードコアです。
だって、焼酎がボトルごと!
寶焼酎のミニボトル360ml入りで、600円
600円と言うと「あれ、ちょっと高くね?」とか思っちゃいますけど(普通は思わないのかもしれないですけど)、これ1本でグラス3〜4杯分くらいのホッピーが飲めるので、そう考えると大変ありがたい価格なんですよね。
効率的に酔うためにシェイプされた、究極のスタイルと言えるかもしれません。
ちなみにホッピーは1本200円です。

それではこのハードコアホッピーを頂きながら、おつまみの方も注文して行きましょう!




0816_03.jpg
シメサバ(350円)





こんだけメニューがあるんだからたまには変わったもんでも頼めばいいのに、あるとつい頼んじゃうんですよね。
しっかりとシメてあってオーソドックスなシメサバです。




0816_04.jpg
ハムキャベツ(300円)





富士屋の名物のひとつでもある、ハムキャベツ
比較する物が写ってなくてちょっと伝わりづらいかもですが、かなりでかい器です。
千切りのキャベツの上にマヨネーズがかかっていて、その上にハムを並べただけのシンプルな1皿。
しかしながらこれがなんともたまらない味わいなんですよね。
ハムだけ食ってみたり、キャベツだけ食ってみたり、またちょっと下品ですが全部をグチャッと混ぜて和え物風にして食べてみたり。
こういったシンプルなつまみでホッピーなんか頂いてると、なんだか身が引き締まる思いがして来るから不思議です。
いや、実際はアルコールで全身ゆるみまくってるんですが。




0816_05.jpg
ピリ辛なす煮(300円)





またこういうお惣菜的一品がたまらないんですよね〜。
“酒に合う”という点を最重要視されているが故に、味はかなり濃いめ。
甘くてしょっぱくてピリッと辛いタレが茄子の身にこれでもかと染み込み、噛み締めるとジュワッと口一杯に広がります。
そこへお酒を流し込む時の爽快感と言ったら…!

さて、最後はこういうお店に来るとどうしても、やたらと食べたくなる物。
とことんチープなんだけど、もしや一番お酒が進むんじゃないか?ってくらいのポテンシャルを秘めている物。
そう、あれです。




0816_06.jpg
ハムカツ(200円)





ハムカツ!

ハムって不思議ですよね。
さっきハムキャベツも食べましたけど、あれはほら、どこかテンションの低い食べ物じゃないですか。
のんびりと箸を進めながらチビチビとお酒を飲むって感じのもんで、ハムキャベツを目の前にして「ウオー!」とかテンション上がってる人ってあんまりいなそうですよね。
ところがそのハムに衣を付けて揚げた瞬間のこのブチアゲ感!
思わず「ウオー!」と叫びたくなってしまいます。
油と衣って偉大だなぁと感じると共に、通常時と油揚げ時でここまで飛躍的にテンション上げて来る素材ってなかなか無いんじゃないですかね。
というわけで大衆酒場でメニューにハムカツを見つけると、つい頼みたくなってしまいます。

この富士屋のハムカツはちょっと変わった形してますね。
駄菓子屋のビッグカツみたい。
味自体は要するに一般的なハムカツのそれですが、この“角感”がある事によってなんかかじるのが楽しいです。
ソースが付いている部分と付いていない部分の味の違いも楽しいし、これが1皿に3枚乗って、200円ですよ!
もう何も言う事はないじゃないっすか!

先程、17時の時点で半分の電気が消えていたと書きましたが、い〜い気分になって来た18時頃、ふと見渡せば店内の明かりは全て点灯し、もうこれ以上人の入る余地がないくらいの超満員になってました。
そんな人気の程も一度行けば十分納得の富士屋さん。
このような雰囲気がお好きな方には、是非行ってみて欲しい名店です。


あ、そういえば、富士屋は来ているお客さんもみんなフレンドリーで、雰囲気もとてもいいんですよ!
「立ち飲み屋なんて行った事ないしちょっと怖い」って方もいらっしゃると思いますが、そんな心配は無用だと思います。
どれくらいフレンドリーなお店かって言うと、これくらいかな。




0816_07.jpg
イェ〜!





ね、大丈夫そうでしょう?
逆に怖えーよ!という方もいらっしゃるかもですがw




0816_08.jpg
その後、真面目なテーマで語り出す、同行のYasterize氏と常連さん





より大きな地図で パリッコの「大衆酒場ベスト1000」 を表示



立ち飲み 富士屋本店 たちのみ ふじやほんてん - 渋谷/立ち飲み居酒屋・バー [食べログ]
Yasterize(ヤスタライズ) (yasterize) は Twitter を利用しています


posted by パリッコ at 12:00 | Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。