大衆酒場ベスト1000

2010年03月02日

第7回「いせや総本店 公園店(吉祥寺)/手作りシューマイ」

いせやは焼鳥屋ではない!

 吉祥寺の「いせや」さんはご存知の方も多いかと思います。JRの吉祥寺駅公園口を出て、駅を背に井の頭公園に向けて直進、すると公園に入る坂道の手前で一際存在感と食欲を刺激する煙を放つ、老舗の酒場です。ここで焼鳥でも買って公園で食べようって人が多いのか、お店の前はいつも大混雑。街をぶらつく系のTV番組なんかでも、吉祥寺つーと必ず登場する有名店ですよね。

 ではこのいせや、皆さんは“何屋”と認識されてますか?焼鳥屋?言うと思った。もちろん“いせや=焼鳥屋説”に異論は唱えませんよ。いやむしろ、いせやは焼鳥屋でフィックスしょう。しかし!僕の中では違うんです!僕の中でいせやは“シューマイ屋”!これだけは誰に何と言われようと曲げられない事実なのです!

 踏まえた上で話を進めましょう。あの公園へと続くにぎやかな通りを歩くのはそれだけで楽しいものです。種々の雑貨屋や古着屋、本格っぽいソーセージ屋があったり、ほとんど行かないけどスタバとかもありますよ。なんだか一帯が公園の近く独特の平和なムードに包まれていて、休日の散策にはかなりオススメです。せっかくなので一通りプラプラしまして、なんだったら公園の中なんかもぐるっと回って来て、さて一休みするかっつって行くいせやの最高さよ。あれはもはや天国ですね。

 店頭にはいつも、親の仇とばかりに噴出される煙に吸い寄せられた持ち帰りのお客さんが行列を作ってます。ここで一瞬躊躇してしまいますが、かまわず行列をかき分けて入り口に向かい、店員さんに声をかけましょう。かなり広いお店ですので、大抵どっかのスキマに収まる事が出来ます。この店内が物凄く入り組んでおり、入り口に立っただけではその全容を確認する事はできません。さらに濛々とした煙が視界を遮り、ちょっとした異世界感覚。これがたまんないんですよね。吹き抜けのメインフロアは壁一面が天井までのでっかい窓になっており、そこから射し込んだ光がゆらゆらと煙を照らして怪しい雰囲気。奥には店の中なのに屋根が付いた小上がりっぽい座敷や、公園の緑がよく見える窓沿いにテーブルが並べられた、いかにも大衆店っぽい一画なんかもあります。それから2階。急な階段を上がるとふすまで仕切られたでっかい座敷がいくつか。宴会場みたいに舞台がある部屋もありますが、その舞台上にも座卓が所狭しと並べられてます。きっと建て増し建て増しでこういう作りになったんでしょうでしょうね。何回通っても全容が掴めないほど入り組み、全てが長年の煙りで燻され、まさに千と千尋の世界です。(ところで2001年以降、こういうちょっと一言で説明しずらい概念を“千と千尋っぽい”の一言で説明出来るようになったのは大変便利ですね)




0302_01.jpg
入り組んだ店内





 そろそろ本題に入りましょう。入り口で人数を告げ、店員さんの案内に従って席に着きます。そしたらまず「今日はこの席か〜!」とか言って一喜一憂して下さい。なんとなく楽しいので。それからビールでもなんでも飲み物を決めて「串を何本か見繕うので食べ物は後で」って言いたくなる所をぐっとこらえて、同時に“シューマイ”も注文してしまいましょう。速やかにドリンク、少し遅れてシューマイが到着するはずです。




0302_02.jpg
手作りシューマイ/330円





 僕、肉シューマイって大好きなんですよね。所謂点心の中で一番好きかも。なんか野菜だ海老だっていう色んなダシの旨味ももちろん大事だとは思うんですけど、肉シューマイに関してはダイレクトに“肉”!って感じが、蒸すというストレートな調理法で味わえる所がいいですよね。世の餃子派の人たちには今一度考えを改めて欲しいと望みます。さて、いせやのシューマイは一般的な物と比べて大きさが約1.5〜2倍。それが3つ乗って330円。見るからに嬉しいビジュアルですね!味の最大の特徴は“肉々しさ”。余計な具は一切使わず、若干の玉ねぎと荒めに挽いた挽肉をたっぷり、シューマイ特有のもっちゃりとした皮で包んであります。でかいので箸で半分くらいに割って、断面なども楽しみつつ口中へと投入。口いっぱいに肉の旨味と玉ねぎによって引き立てられた甘味が広がります。焼鳥の超有名としての誇りを感じられる、素晴らしい肉々しさ。噛めば噛むほど多幸感に包まれてゆく逸品です。これは1人3個でも足んないわ。

 ところで先程は悪口を言ったみたいな形になってしまいましたが、いせやは餃子もおいしいんですよ。厚めの皮にたっぷりの焦げ目が付き、こちらは具にニラなんかも入りますがやっぱりメインは肉!なかなか他ではお目にかかれない肉々しい(こればっかり言ってますが)餃子が味わえ、けっきょくこれも毎回頼んでます。あとは、僕の中でサイドメニュー的扱いとなる焼鳥(いや、うまいんですけどね)とか、ガツ刺しとか適当に頼んで楽しみましょう。お会計の安さにもびっくりすると思いますよ〜。

 というわけで今回はこれまで!餃子の王将じゃなくてシューマイの王将が出来ないかな〜と無駄な夢を見つつ、さようなら!




いせや総本店


posted by パリッコ at 12:00 | Comment(0) | 第1回〜第25回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。