大衆酒場ベスト1000

2012年10月30日

第68回「たつや(沼袋)/もつカレー」

名店“秋元屋”直伝のもつ焼きが絶品な、沼袋のニューカマー!

例えば土・日・月と続いた3連休の最終日。
悲しさとか、寂しさとか、虚しさとか、色んな感情が渦巻いては消えていくと思うんですけども、中でも一番大きな感情っていうと“悔しさ”じゃないですか?

始まる前はテンション最高潮、先のことを何も考えていないバカのような顔で迎えた3連休。
それが刻々と終わりに近付いているという状況。
悔しい。
冷静に考えると何が悔しいんだかわかんないけど、とにかく悔しい…。
この感情は、どんなに充実した土日を過ごしたとて回避不可能だと思います。
ではそのやり場のない悔しさを紛らわすために取る行動と言えば?
そう飲酒です。

あれは2個前くらいのそんな日だったかな。

特にこれといった予定も無い三連休の最終日。
のんびり目覚めてダラダラ過ごして、時間は午後三時過ぎ。

こんなテンションの時は近場にフラッと繰り出すのが一番なんですけど、ちょっと新鮮さも欲しい。
そうなって来ると、西武池袋線在住の僕にとって頼りになるのが“西武新宿線”なんですよね。
通勤とか用事で使うことはあんまりないけど、そんなに遠くもないって位置関係が絶妙で。

で「今日はどこへ行ってやろうか?」と考え、そういえばまだ行ったことのない沼袋の「ホルモン」ってお店、行ってみたいなと思い立ちました。
かなりの名店であるという噂はどこからか聞いてたんですよね。

決まってしまえば善は急げということで、妻に付き合ってもらい、気だるい午後の街へと繰り出しました。


さて、沼袋。
タイムリーなことに、先週の深夜ドラマ「孤独のグルメ」の舞台にもなっていましたね。

これといった特徴の無いこじんまりとした駅ですが、味のある街並がとても素敵です。




1030_01.jpg
駅前のビルに多分に含まれる、味!



1030_02.jpg
道端で存在を主張する、味!



特にこの通りなんか味がありまくりますねー。




1030_03.jpg
孤独のグルメでも触れられてた“奥様公認の店”



さて、気の向くままに沼袋を徘徊して街の空気感を楽しみ、目的である「ホルモン」に向ってみたんですが、この日はあいにくお休み。
下調べもろくにせず来てしまったのを後悔しつつ心は次の酒場を探します。

で、そうだ!沼袋だったらあそこがあるじゃないか!と。

以前ご紹介した野方の名店、秋元屋で修行された店主さんが開店されたという「たつや」さんです!

※ちなみに第36回で恵比寿の「たつや」を紹介しましたが、こちらとは関係ありません。

ここも前から噂を聞いていて、行ってみたかったんですよね。

さっそくお店に向かって見ると…




1030_04.jpg
おお!たつや!



やってますね。
っていうか開店10分前くらいに着いてしまったんで、一番ノリですわ。

まずはホッピーから頂きますかー。




1030_05.jpg
ホッピーセット(380円)



ちなみにおかわりのナカ、ソトはともに250円です。

ふとカウンター上を見るとこんなボトルがありますね。




1030_06.jpg
葡萄、にごり、梅シロップ



キンミヤのストレートに垂らすとたまらない、各種シロップです。
この辺も秋元屋スタイルを踏襲してますね。
ストレートの焼酎が驚く程ほど飲みやすくなって危険なんだよなー、これ。


で、ここからたつやさんの絶品料理たちをご紹介していきたいわけですが、基本的にこちら、出て来るもの全てただただレベルが高く、ストレートにうまいです。
もう何を食べてもうなってしまうような凄みがあります。
手頃な値段、最高のサービス、そして料理の味で真っ当に勝負されているお店です。

つまりは僕なんかが生意気にも特筆するようなことってないんですよねぇ…。
むしろお料理の写真を見て頂ければ、誰にでもその魅力が伝わると思います。

なので、今回ここからは“たつや写真集”感覚で眺めて頂ければなぁ、なんて思います。
決して味をお伝えするのをサボりたいとかじゃないですよ!

だってさ、これ見てもらえれば伝わるでしょ。




1030_07.jpg
手前から、ぶつぎりラム(200円)×2本、れば(100円)ともにタレ



いきなりヤッバい…。
たつやのご主人が修行されたという秋元屋にはラムってあったかなぁ?とにかくヤッバい!
今にも肉汁がしたたり落ちそうなジューシーさで、早く口に運ばないことが罪悪とさえ思えます。

あ、いつも通り串の味はお店にお任せしてあります。




1030_08.jpg
手前から、てっぽう(100円)、かしら(100円)ともに味噌



味噌だ!
秋元屋直伝の味噌だ!
ヤッバい!




1030_09.jpg
手前から、あぶら(100円)、しろ(100円)ともにタレ



ギヤー!
ヤッバい!




1030_10.jpg
たんした(100円)塩



塩だ!忘れていた頃の塩だ!
フェイントだ!
ヤッバすぎる。




1030_11.jpg
手前から、せせり(100円)タレ、つくね(100円)塩



ヤベー!




1030_12.jpg
バラねぎ(150円)塩、なんこつ(100円)味噌



ヒエー!




1030_13.jpg
ししとう(120円)



うわぁっ!


…というわけで、秋元屋さんに全く引けを取らないどっしりとした串の数々。
そこにぶつ切りラムなどのたつやオリジナリティまで加わって、参ったとしか言い様のない串々でした。

そしてこの価格でしょ。
もはやどうかしちゃってるってレベルで、何を頼んでも必ず満足出来ると言い切れるんじゃないでしょうか。


で、ここたつやさんには他にも単品料理など大量のメニューが存在するんですが、最後にいくつかご紹介します。




1030_14.jpg
おしんこ(200円)



このおしんこがまた、驚くほどうまい!
絶妙〜な漬かり具合ながら味わいは深く、串の合間につまむのに最適。
そして見ての通りのボリューム感ですよ!




1030_15.jpg
鶏豆腐(250円)



シメ付近におすすめしたいのがこちら。
豆腐と鶏肉が入ったスープで、旨味がじんわりと口の中に広がります。
これからの季節、どんどんうまくなるんだろうなー!




1030_16.jpg
もつカレー パン付(350円)



個人的に是非モノとして押したいのがこちら!

もつカレーというと以前ご紹介した静岡の名物が思い浮かびますが、あんなうまいもの、静岡のみなさんだけが独占してるなんてもったいない!いや、ズルい!
という動きがあるのかないのか、最近東京の居酒屋さんでもたまに見かけるメニューになりました。
石神井公園駅近くの「那辺屋」さんというやきとん屋さんでも出していて、近所で気軽にもつカレーが食べられるようになって嬉しいなぁなんて思っていたんですよね。

とにかくこちらでも、トロットロに煮込まれたもつにカレーが染み込む、絶品のもつカレーが頂けます!
もつカレーといえばなくてはならないのがバゲットということで2枚突き刺さってますが、これが本当に合うんですよね!
なので“おかわりのパン(100円)”、なんてメニューももちろん用意されてますが、ちょっとおもしろいのが“サトウのごはん(200円)”
みなさんご存知のあの“サトウのご飯”がそのまま出てくるようです。
最初のバゲット2枚を平らげてまだもつカレーが余っていたら、バゲットをおかわりしたい気持ちをグッとこらえてこちらを頼んでみてもいいかもしれません。
カレーにご飯が合わないわけないしー!


っといったところで今回の大衆酒場ベスト1000もお開き。
また次回よろしくお願いします〜!





より大きな地図で パリッコの「大衆酒場ベスト1000」 を表示

やきとん たつや - 沼袋/焼きとん [食べログ]




告知














posted by パリッコ at 10:23 | Comment(0) | 第51回〜第75回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。