大衆酒場ベスト1000

2013年03月16日

第80回「ゐなか(中野坂上)/しじみラーメン」

ベスト・オブ・飲んだ後のラーメン、ついに発見!

新宿と東中野の中間くらいに、中野坂上という駅がありまして、最近そこにあるとある酒場の存在を知り、気になっていたんです。

酒場といっても居酒屋さんではなく、普通の商店が夜は飲める場所になる、いわゆる角打ちスタイルのお店で、ネットなどにもほぼ情報がありません。
そこで先日、昼間に近くを通ったついでに覗きに行ってみまして、お弁当を購入しつつ店長さんに「ここ、夜はお酒飲めるんですか?」と伺ったところ、「うん、飲めますよ。今時分は店内で、暖かくなったら店先で。良かったら来てね!」というお返事を頂きました。

ではではと、お馴染みチミドロのナオさん、そして、DJ仲間であり、Twitter上での総ふぁぼられ数が数十万にも及ぶ有名人、将軍さんの2人をお誘いし、様子を見に行ってみることにしました。


で、結論から言いますと、ちょっとディープが過ぎました

とても1度行ったくらいでどうこう語れるレベルではなく、単純に「いい!」とか「悪い!」とか言えるお店でもなく、「いつかその本質にほんの少しでも近付ける日が来るのではないか?」という淡い希望を胸に、しばらく通い続けなければどうしようもない強敵でした。

ですので、今回は決死の覚悟で携帯で撮った1枚の写真をご紹介するに止めさせて頂きます




0316_01.jpg
世界の友



いつかこの連載でご紹介出来る日が来るかもしれないので、どうぞ気長にお待ち頂ければと思います。


さて、上記の1軒目を出て、中野坂上の駅前まで戻って来た我々。
飲み食いしたのが、缶ビール、缶チューハイ、じゃがいもを煮たの1個、フランクフルト1本というアバンギャルドな状況で、加えて物凄い突風に雨が混じるという空模様。

なにかこう、ホッと落ち着けるようなお店に入りたいという共通認識があり、街に一番早く着いた僕が徘徊して目星を付けておいたお店にお誘いしてみることにしました。




0316_02.jpg
中野坂上の駅前



ご覧の通り、駅前は近代的なオフィスビルが立ち並び、とてもしんみりとお酒を飲むような街に見えない中野坂上なんですが、裏通りに目をやりながら少し歩いてみると、チラホラといい感じの居酒屋さんが見つかります。
中でも最も寂しい立地にある、最もこじんまりとした佇まいのだったのがこちら。




0316_03.jpg
酒処 ゐなか



「ゐなか」さんです。

田舎って店名もいいですが、加えて旧字体の“い”がまたいい味出してますよね。
入り口にかかる縄のれんもついくぐってみたくなりますし、表に1枚“ハイボール(350円)”とポスターがあることで、一見さんに対する敷居を見事に下げてくれています。

さらにさらに、看板には“おでん居酒屋”の文字。
心温まる癒しを求めている我々にはうってつけじゃないでしょうか。

「は〜、すごい風でしたね!」なんて言いながらお店に入り、まだ若いご夫婦で経営されているようなんですが、にこやかな奥様におしぼりを頂きますと、心の底からホッと一息つくことが出来ました。

そしてまずやって来たのがお通し。




0316_04.jpg
ジャーマンポテト



でしょうか。
マヨとマスタードを合わせたっぽいソースで和えてあり、小さな1品ですがとても丁寧に作られています。

そしてこちら。




0316_05.jpg
可愛らしい箸置



しかも3人それぞれ違う野菜です。
「俺はにんじんか〜」とか言いながら盛り上がるいい大人たち。

心と身体が芯からスーッとリラックスしていくのが自分自身よくわかりますね。

ではあらためまして、まずはホッピーを頂きます。




0316_06.jpg
ホッピー(380円)



セットではなく出来上がって出てくるタイプですね。
もっともっとの大衆店ですと、ホッピー1本でナカが何倍飲めた、なんてみみっちく計算するわけですが、これはこれで良い割加減でうまいです。

それから真っ先に頼むのは、やっぱりおでん。

第1弾として、それぞれが気になるものをざっと注文してみました。




0316_07.jpg
おでん(80円〜)



玉子厚揚大根こんぶつみれがんも

澄んだスープと黒い皿におでんが栄えますね!
色味とは裏腹にしっかりと出汁の味が感じられ、さらに塩味もしっかりと力強い味付けです。
これがそれぞれの具材によ〜く染み、はっきり言って感動的にうまい!

おでんってどこで食べても割と美味しい分、そんなに差を感じられないことも多いメニューですが、以前ご紹介した平澤かまぼこ王子駅前店に引き続き、マイ・ベスト・おでんに確実に加えさせて頂きたい逸品です。

小さなお店で他のお客様もいらっしゃるので気を付けてはいますが、実際はその場で万歳三唱したいくらいの心境。
もちろん他のお2人も「うまい!うまい!」と大喜びで、本当に幸せな瞬間ですよね、こういうの。

ホッピーはあっと言う間に空けてしまって「さて次は…」と考えていると、将軍より「ボトル入れちゃってもいいんじゃないですかね!」とのお言葉が
イコール“ここに腰を落ち着けてもいいんじゃないか”なわけで、はい!大賛成です!




0316_08.jpg
ゐなか焼酎ボトル(2,000円)



オリジナルラベルの麦焼酎で、スッキリとクセが無く飲みやすいです。

氷も150円でこんなにたっぷり!
ホッピーのビンは1本200円
だったら次は1杯目からこれでいいなぁ。
と、なんかこう、細かく細かくお得感を感じさせてくれるんですよね、このお店。

それにしてもボトル1本2,000円ってのもお得ですよね〜。
と思ったら、案の定、




0316_09.jpg
ボトル棚



みなさんほぼこのオリジナル焼酎をボトルキープされてますね。
一番手前は…テクノさん? まさか、あの!?

次は日替りの黒板から、




0316_10.jpg
銀ダラのオイル焼(580円くらいだったかな?)



バジル風味の塩味で洋風の仕上がり。
単なる焼き魚ではない、一手間加えた仕事が頼もしいですね。
パリッとした皮目まで残さず頂きました。




0316_11.jpg
納豆磯辺揚げ(480円)



本当これ好きなんすよねぇ…。
すでにお店に対する信頼感はマックスですから何の心配もいらないわけですが、無論文句なしにうまい!
ふんわりかつサクッとした揚がり具合で、ご主人、揚げ物の腕も最高ですね!

さて、おでんは2順目にいきましょう。




0316_12.jpg
おでん その2



個人的マストである“ちくわぶ”を始め、豆腐じゃがいもと僕の主張強めにいってしまった結果、なんだか真っ白なお皿になってしまいました。
ロールキャベツがビジュアル白目の仕上がりだったので尚更。
もちろん大好物ばかりなんで、目をつむって幸せを噛み締めながらじっくり堪能させて頂きました。

そして最後にもう1品ということになったわけですが、ここに来て全員がある確信をそれぞれに持っていたメニューがあります。
それがこちら!




0316_13.jpg
しじみラーメン



確信とは、そう、「絶対うまいに違いない!」。
もちろん大正解でした。

ご主人が青森県の出身ということで、青森は十三湖産のしじみを使ったラーメン

貝類の出汁ってなんでこんなに美味しいんでしょうかね!?
って、貝類が出て来ると毎回言ってる気がしますが。

あっさりとした塩味のスープにたっぷりとしじみの旨味が行き渡り、これまたゆっくりと時間をかけて大切に飲み込みたいようなおいしさ。
しじみといえば酒飲みの強い味方、肝臓に良い食材の代表ですが、そんな予備知識が無かったとしても身体がちゃんと知っているんでしょう。
食べれば食べるほど体内が浄化されていくような、至福の味わいです!

実は僕、ラーメンというものにそんなにこだわりがなくて、普段からそんなに食べる方でもないんですよね。
飲みの後の締めのラーメンなんてその最たるもんで、これまでの人生で興味本位で1回くらいしかやった覚えがありません。
そんな僕ですから、「これこそ究極の締めラーメンだ!」などと言ったところで説得力も何もあったもんじゃないですが、そこは本日、頼もしい味方がいますからね。
ナオさん、将軍、ともにラーメン研究界の大家であるお2人も、このしじみラーメンには太鼓判を押されていました!


というわけで、おでん好きはもちろん、飲んだ後に締めのラーメンを食べたい向きにもぴったりの名店、ゐなかさんでした。

あ、そうそう、最後にお会計をして帰ろうとすると「これ、差し入れに頂いたんですけど、私たち夫婦だけでは食べ切れないので」と、なんと3人分のメロンパンを頂いてしまいました!
これまでの料理と“メロンパン”という存在感のギャップにほのぼのとしてしまいまして、これがギャップ萌えってやつなんでしょうか。

「明日の朝ご飯にでも」というお気づかいだったんですが、「これも絶対うまいんでしょうね」「気になりますね」ということで、電車を待つ深夜のホームにて男3人、無言でメロンパンを貪らせて頂きましたとさ。

おしまい。





より大きな地図で パリッコの「大衆酒場ベスト1000」 を表示

おでん居酒屋 ゐなか(いなか) | Top - お店のミカタ




告知

2013年3月23日(土)
裏口入学'83
東中野 バレンタイン

開催時間 / 20:00
※ノーチャージ、オールスタンディング

DJ /
 HAL-URA(BURINURI METAL NIGHT)
 RIOH(BURINURI METAL NIGHT)
 ゆうな
 shitb(KAK-A REC)
 パリッコ



2013年3月30日(土)
COMPARISON GOOD
渋谷 AMATE-RAXI (AMRAX)
COMPARISON GOOD [優勝賞金3万円!](facebook)

開催時間 / 15:00〜21:00
当日料金 / 2,000円
事前登録時の料金 / 1,500円
ヒップシェイキングコンテスト参加者の料金 / 800円

DJ & LIVE /
 nonSectRadicals
 DJ JET BARON / 高野政所(DUGEM RISING DJ TEAM)
 DJニッチ
 DJ ni-21 vs YU KIYOMIYA
 KAZUHIRO ABO
 #SkirtDISCO(BEATNIK/MarginalRec./こしまえん)
 ごきげんTV
 Yamajet(ビア充 / nlbs)
 Ginger does'em all
 DJゼクシィ
 TARAMASCA
 夜の燈火と日向のにおい
 anzaaai / KEIGO
 TETSUYA SUZUKI
 パリッコ




























posted by パリッコ at 09:24 | Comment(3) | 第76回〜第100回
この記事へのコメント
こんにちは。
前回のテゲテゲ政に引き続き、良店ですね。
あちらの地鶏タタキもヨダレが出ますが、銀ダラオイル焼きとは・・
納豆も揚げ物にすると適度なネバ具合でつまみになりますよね。
機会をみつけて、両方とも訪問させていただきます。
しかし、〆ラーならぬ〆ロンパンとはさすがです(^^;
Posted by バッカス at 2013年03月24日 17:32

>バッカスさん
ありがとうございます!どちらも本当に良かったです。
特にテゲテゲ政はなかなか人が辿り着かなそうな立地なので、
飲みに行かれると大将も喜ぶと思います!

ところでちょうど気になることがあって検索してて
バッカスさんの池袋東口の日高屋の記事を読んでたんですが、
本当にその通りになりましたね〜。
「そろそろ焼鳥日高でいいんじゃない?」という記事w
明日から焼鳥日高でリニューアルオープンだそうで、
今度様子を見に行ってみようと思います!
Posted by パリッコ at 2013年04月05日 11:06
こんばんは。

>「そろそろ焼鳥日高でいいんじゃない?」という記事w
偶然にも・・って感じで、見たときは笑いました(笑

一回訪問しましたが、客の入りはチョボチョボで若干他の店舗とメニューが違いました。
パリッコさんの記事も楽しみにしています(^^
そんでもって、ニアミスなのが自分も先週秋津ブラブラをしまして・・
野島の混み具合は相変わらずひどいッスね。
肩を寄せ合えない(すれ違わせる)レベルで、ソッコー退散しましたよ。

あ、あと・・ラズウェル細木さんと飲みをされてるなんて・・素晴らしい。
自分は岩間宗達が大好きです(^。^;
Posted by バッカス at 2013年04月17日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。